QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年01月06日

次世代AK47ちょこっと配線工事

金曜の夜は仕事を投げ出して帰宅。最高にハイ!ってやつだぁー!!どうもケンイチです。来週は最低にローってやつです間違いありません。






はてさて、次世代AK47をちょこちょこ見回していると、なんとなーく気になる+配線の接続部分。ファストン端子と金板で繋ぐことで生産性やら組み立て易さを確保しているのでしょう。でも、、、♪もしかしてだけど(もしかしてだけど)若干電気効率が悪いんじゃないのー?






やる意味があるのか怪しいですが、せっかくの休日なので試してハッテン。じゃなくてガッテン。接続をヨーロピアンコネクターに変えてみます。






これはこれで好きな形というかギミックというか・・・でも変えると決めたんだ!






まずは本体側の端子を交換。ハンダなんてくっつけばいいのだよ、くっつけば!






ヒューズに繋がる方の配線は新たに用意します。ライラクスのEGコードにファストン端子を付けてヒューズに接続したら、長さを合わせるため仮配線。なおファストン端子に熱伸縮チューブを被せる必要はありません(後で気付いた)






長さを決めたら切ってコネクターをハンダ付け。






あとはコネクター同士を接続して、ヒューズ抑えのカバーを戻せば完成!






組み立てるついでにダミーのクリーニングロッドのガタ取りをやります。このロッドは前後に1~2mm動くのでカタカタ鳴るんです。私はグラつきガタつきは好きじゃないので、簡単な処置を施します。






ロッドの後端はハンドガードのアルミテープを貼ってある位置で抑えられているのですが、ロッドが少し短いため前後に動いてしまうわけです。その隙間を埋めればロッドは固定され動かなくなるという簡単な話ですね^^






いざ試射のとき!!コネクター交換でレスポンスはいかに変化するのでしょうか!?(具体的な数値はなく体感というテキトーな調査結果です)


交換前→リポとサマコバでスパンスパン!

交換後→リポとサマコバと配線加工でスパンスパン!






すみませんオールドタイプなので変化を感じ取れませんでした。というか、ニュータイプでも変化を感じ取れないかも・・・。電気効率(笑)ですよ。


交換してもしなくても性能はほぼ変わらないので、やる必要ないですぞ^^;





では、よいサバゲーライフを!!