QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2018年01月14日

次世代AK47 汚し塗装に挑戦

就職するときになりたかった職業「洋ピンパロディ物のタイトル考える人」どうもケンイチです。ファッ〇ドラフトやパイパ〇ックみたいなタイトルで人々をフフっと笑顔にできたらいいなと。





さてさて、次世代AK47さん。綺麗なAKもいいけれど、やっぱりAKは汚れてたり使い込んでたりする方がかっこいい!薄汚れて傷ついた木スト、塗装の剥げたレシーバー・・・どうすればお安くできるかな?





そんなときはググって・・ほうほう、皆さん色々やってるんだなぁ・・・。ってことで、今回は「愉快全快エアガン日記」様のAK47リアル化計画という記事を参考に汚し塗装に挑戦しました。愉快全快エアガン日記様ありがとうございます^^






まずはマイナスドライバーで傷をつけます。ゴムハンマーなどでコンコンやるもよし、ドライバーだけでやるもよし!






プラスチックなので、あまり強く突き立てると割れるかもしれないので注意しつつやります。






テキト~に傷つけてみました。傷は深めに付けた方が塗装剥がしたときにしっかり見えます。浅いと塗料が入り込まず目立ちません。





塗装する前に食器洗剤で洗って脱脂します。どうせ剥がすので気にしなくてもよかったかな?






朝9時頃に塗装しましたが、外がクッソ寒い・・・。どんどん作業がいい加減になります。






あとはラッカー薄め液(剥離剤)で塗装を徐々に剥がしていきます。雑巾に剥離剤をドバーっとつけてグワシグワシ!ってやると一気に塗装が剥がれちゃうので、剥離剤を少量つけて軽く擦るを繰り返した方がよかったです。






余談ですが、木製ハンドガード、グリップ、ストックを買えば簡単にリアル化できますが、グリップが純正より若干太くなってしまうようです。グリップだけ純正プラだと色合いの違いで浮いてしまうので、黒く塗装して誤魔化すのもありじゃないでしょうか(笑)






こすこす塗装を剥がして・・・あっ剥がし過ぎたとか思いつつ・・・






とりあえず完成!なんて暗くてわかりづらい写真なんでしょう!センスなしッッッ!!






ハンドガードは割とうまくいったかな~と思う。






グリップは左の面(写真側)はうまくいった!右側は失敗気味だけど!






ストックは明らかに失敗しました^^;


ストックは面積が大きい分、センスの無さが目に付いちゃいますね。それと剥離剤の影響なのか、ハンドガードとストックの元の塗装の色合いに差ができました。ハンドガードの方がいい色合いになったのですが、ストックの方は変化がなく残念な仕上がりに・・・。


やり直しを考えていますが、今度はストックにヤスリがけしてみようかと思います。一方向に流れるようにヤスリがけして塗装すれば、使い込んだ風合いをうまく出せるかも・・・?





では、よいサバゲーライフを!!!  

2018年01月14日

エアガン紹介:東京マルイ M1A1 THOMPSON

祝!合計30万アクセス!フジです。


このブログを解説したのが2015年の3月ですから3年弱で達成となりました。


中にはもっと短期間でアクセス数が多いブログもありますが我々は我々で地道に続けていきたいと思います。


そんな言葉で始まった今回!紹介するのはタイトルでネタバレですが!



東京マルイ製 M1A1 トンプソンです。


久しぶりに実銃の話・・・
あまりこの銃について詳しくないのでざっくりと・・・

第一次世界大戦中のアメリカで「塹壕に突入したときに瞬間的な火力があった方が有利!」との考えの元開発がスタート。

ヨーロッパに試作型を送ろうとニューヨークに運んだが到着した日に終戦。

拳銃弾とはいえ弾丸をばらまける威力にマフィアが使い出す。FBIも使い出す。

改良型が米軍に採用されるも大規模な戦争が無かったためあまり目立たなかった。

第二次世界大戦勃発。イギリス、フランスはドイツ軍に一蹴され銃器が全く足りない。
アメリカ内で将兵用を生産しつつ大規模に輸出開始。

強力ではあったがコストが高かったため省力化を実施←今回紹介するM1A1

南方のジャングル等では取り回ししやすいとのことで大好評!鹵獲兵器として日本軍も使っていた。


すいません。この程度しかわかりません・・・


エアガンの話・・・


東京マルイから2000年に発売されました。
今から17年前の製品です。

当時「プライベートライアン」が流行っていた時でそれに乗じて発売したのだと思います。

マルイの電動ガンの中で唯一の大戦間の銃器です。

マルイもかなり力を入れていたようで亜鉛合金製のアッパーフレーム、油紙?を敷いたパッケージ等で雰囲気もばっちりです。

売れ行きは芳しくなかったようでこれ以降は現代の人気のある銃器ばかりになってしまいます。
MP40出しとくれ・・・




外箱は何ともいえない雰囲気があります。良い意味でマルイっぽくないパッケージです。




でも新しいロットなのでしょうか?こんなシールが貼ってあります。
それとも販売店に貼らせたのか・・・




箱を開けるとトンプソンが鎮座しています。下に敷かれた紙がいい感じです。




そしてチーム内でも話題にあがる注意書きが!「YA ME TE」「KURU-KURU」「KYAIN~N」




箱から出してみました。下の布団は家の中で唯一の羽毛布団です。




銃口部は逆ネジになったりはしていません。フロントサイトは固定式です。
それにしてもこの木目調のプラスチック!少々テカリがありますがかなり雰囲気でています!




刻印等が所狭しと打たれています。
一部が掠れているのもリアルです。
本物は見たこと無いですが・・・




グリップはヒケが目立ちます・・・
セレクターですが右側がトリガーロック、左側がセミオート&フルオートの切り替えです。
軸に針金を突き刺してあるかのような無骨な作りです。
トリガーにまとわりついているのがマガジンキャッチレバーです。
お世辞にも使いやすいとはいえないです。




ストックは大柄&下に下がっています。なんかいやらしく聞こえますが・・・
アメリカ人にしても大きいようでベトナム戦争中にはストックを取り外してしまった事もあるようです。
電動ガンの場合バッテリーが入るのでおいそれと外せませんが・・・
バッテリーはラージバッテリーが入ります。
ラージコネクターをミニコネクターにするパーツも入っています。


ざっくりとですが以上です。


次回は木目調ストックをよりリアルにしたいと思います。





フジ  

2018年01月06日

次世代AK47ちょこっと配線工事

金曜の夜は仕事を投げ出して帰宅。最高にハイ!ってやつだぁー!!どうもケンイチです。来週は最低にローってやつです間違いありません。






はてさて、次世代AK47をちょこちょこ見回していると、なんとなーく気になる+配線の接続部分。ファストン端子と金板で繋ぐことで生産性やら組み立て易さを確保しているのでしょう。でも、、、♪もしかしてだけど(もしかしてだけど)若干電気効率が悪いんじゃないのー?






やる意味があるのか怪しいですが、せっかくの休日なので試してハッテン。じゃなくてガッテン。接続をヨーロピアンコネクターに変えてみます。






これはこれで好きな形というかギミックというか・・・でも変えると決めたんだ!






まずは本体側の端子を交換。ハンダなんてくっつけばいいのだよ、くっつけば!






ヒューズに繋がる方の配線は新たに用意します。ライラクスのEGコードにファストン端子を付けてヒューズに接続したら、長さを合わせるため仮配線。なおファストン端子に熱伸縮チューブを被せる必要はありません(後で気付いた)






長さを決めたら切ってコネクターをハンダ付け。






あとはコネクター同士を接続して、ヒューズ抑えのカバーを戻せば完成!






組み立てるついでにダミーのクリーニングロッドのガタ取りをやります。このロッドは前後に1~2mm動くのでカタカタ鳴るんです。私はグラつきガタつきは好きじゃないので、簡単な処置を施します。






ロッドの後端はハンドガードのアルミテープを貼ってある位置で抑えられているのですが、ロッドが少し短いため前後に動いてしまうわけです。その隙間を埋めればロッドは固定され動かなくなるという簡単な話ですね^^






いざ試射のとき!!コネクター交換でレスポンスはいかに変化するのでしょうか!?(具体的な数値はなく体感というテキトーな調査結果です)


交換前→リポとサマコバでスパンスパン!

交換後→リポとサマコバと配線加工でスパンスパン!






すみませんオールドタイプなので変化を感じ取れませんでした。というか、ニュータイプでも変化を感じ取れないかも・・・。電気効率(笑)ですよ。


交換してもしなくても性能はほぼ変わらないので、やる必要ないですぞ^^;





では、よいサバゲーライフを!!  

2018年01月02日

エアガン紹介:東京マルイ 次世代AK47

明けましておめでとうございます。年越しはガキ使、新年最初の映画はWXⅢ機動警察パトレイバー。どうもケンイチです。






さて、昨年末に発売となり飛ぶように売れていると噂の次世代AK47を購入しました!スタンダードのAK47も昔使っていましたが、比べ物にならないほど良くなっています。こりゃ売れるわけです。


金属レシーバー+固定銃床の構えた時に感じる剛性の高さは全次世代シリーズで1番かも。固定銃床のAKを期待してた自分には嬉しい限り。今までの次世代AKシリーズは、すべてフォールディングストックだったのが良い所でもあり弱点でもありました。ストック根元の可動部が破損しやすいと言いましょうか、ガタつきやすい気がする。スリングで吊るなら尚更です。






さっそく付属のマガジンを装填して・・ウヒョー!AKはいいねぇ!と思って構えたら、なんかマガジンがグラつく。AK74シリーズではなかったんだけど仕様かな?グラつきカタつきは超気になる派なので、アルミテープで隙間埋め。これで解決しました^^






毎度お決まりのミニT型コネクターに交換。






はい、どこのネジでしょう?ナメてしまったM3×8の六角皿ネジです。これだけですぐわかったら変態分解マニアですぞ(笑)






正解は下部ハンドガード固定用ネジ。これがナメやすいのなんの。私の腕が悪いのもありますが、以前AK74MNでもナメてしまったんです。そのときに補修用としてホームセンターで買った同じサイズのステンレスネジが残っていたので助かりました。


銀色で悪目立ちしますが、どうせ見えないところなのでこれでよし!






モーターは強気の価格設定彡()()でお馴染みのマルイ製サマコバモーターに交換。サマコバはそのままだとAKシリーズには組み込めないので、AK用に加工されたものをフォートレスの通販で購入しました。


EG1000モーターだと「ウィ バン」ですが、サマコバは「スパン!スパン!」とキレがすごい。ピストン+リコイル用の錘さえ余裕で引き切るトルクは頼もしい。次世代電動ガンをセミ主体で運用するならリポバッテリーとセットで必須かも^^;タカイケド・・・






リポバッテリーやセミ主体なら欠かせないのがSBD。リポ+サマコバならスイッチ保護のため絶対に必要と言っても過言ではありません。





個人的にはAKMの方がよかったなーと思うところですが、やっと固定銃床のAKが出たので文句は言えません(笑)見た目は直銃床のAKMが好きですが、フルオート時のコントロールが容易な電動ガンなら曲銃床であるAK47の方がサイトを覗きやすい(はず)。


で・す・が!是非ともAKMは出してください東京マルイ様ァ!!絶対買うから信じてるからお願いお願いお願い!!





では、よいサバゲーライフを!!  

2018年01月02日

S&T 三八式歩兵銃(その5)

あけましておめでとうございます。フジです。
ゴールデンカムイのキャラクターの中で好きなキャラクターは尾形上等兵です。

今日も今日とて




三八式歩兵銃です。


私が色々弄っていて手を入れた点をお伝えします。


「外装」
・銃床は塗装を落としワトコオイルのマホガニーで仕上げました。
また日々の手入れは亜麻仁油を手で塗り込んでいます。

・負い革は個人出品の品を買いました。本革製のレプリカです。

・銃剣はWINDLASS製の三十年式銃剣です。刃部分をホイール用の塗料を使って銀色に塗装しています。


「内装」
・インナーバレルは純正のままでホップ穴のみバリを取り除いています。
VSR用と互換があります(ただし後方にアーチがあります)

・パッキンは純正からPDI製のWホールドチャンバーパッキンに交換しています。
ただノズルの関係でエア漏れが起こるので少しでも抑えるべくステンレステープを細く切ったものをパッキンに巻き付けています。
VSR用のピタリングと同じ効果があると思います。
Wホールドチャンバーパッキンは他のVSR互換のパッキンよりもサイズが小さめなのでエアの減衰は極力押さえられるかなと思います。

・ピストンは適度にグリスアップをしたのみです。また、スプリングのかさ上げのためにマルイ純正の電動ガン用ピストンに入っているスプリング固定用の錘に鉛テープを詰め込んだもの&GAW製の電動ガン用スプリングスペーサーを使っています。
ただし両方ともそのままでは入らないので周囲を金ヤスリで削る必要があります。

・スプリングは純正のままです。
互換性としては長さは電動ガン用と同程度。太さは電動ガン用よりも若干細いです。
電動ガン用の細径スプリングがあればいいのですが・・・

・トリガー周辺は少し磨いてグリスアップをしたのみです。
トリガーリーチ調整等は出来ません。


「結果」
0.28g弾使用、ノンホップで81m/s、適正ホップで76m/sです。
30mは直進、40mはラダーサイトの800m部分、50mは1200m部分で届くくらいです。


どうしてもボルトアクションだとサバゲーでは使いにくいですがそこは百も承知、シューティングレンジの王様になれるようにこれからも調整していきたいと思います。

やっぱり木製銃床はいいねぇ・・・







フジ