QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年03月31日

格安!コンバットシャツ&パンツ

涙を流さずにはいられない。意外と皆涙もろい。フジです。泣きたいときは泣いたって良いのよ・・・


今回紹介するのはアマゾンで偶然見つけた格安コンバットシャツ&パンツです。


コンバットシャツに興味は無かったのですがあまりにも安かったのでとりあえず一つ買ってみようかな~と。

YouTubeにも紹介動画がありました。


それにしても価格が2500円!これは買わずにはいられない・・・




全体のフォルムはまさしくコンバットシャツです。色はグリーン(OD)です。
生地はリップストップ生地ですね。
型番はTOS201-GRN_Mとありました。




CQRというブランドのようです。
テスラというメーカーからローンチした~とありますがいまいちよくわからない・・・
でもテスラのバラクラバは持っていた記憶があります。

USのスモールサイズ、ミディアムMと書いてあります。
日本語で書いてあるのって珍しいですね。




上半身(胸部分)はメッシュのような素材でできています。通気性が良さそうです。






脇の下、背面部分までメッシュ素材になっています。




肘にはクッションを入れるためのポケットがあります。クッションは付属していません。




両肩部分にベルクロがあるのでパッチ等を貼れます。
ここは他のコンバットシャツに準じてますね。




ポケットもあります。なかなか大容量。




でもこの部分にジッパーがあるコンバットシャツは珍しいのではないでしょうか?
フィールドでのマーカー引換券や昼食券を入れるのに最適です。




左肩部分にもベルクロスペースがあります。




そして謎のタブ(ベルト?)が・・・




この部分のポケットは蓋がないです。
中指と薬指の間に仕切りがあります。
細い方はペン等が入りそうです。
装備重視の方はシャーピー、営業力重視の方は自社や取引先の名前入りボールペンを入れると良いと思います。




袖口はベルクロ止めです。
袖口は細目になっているので腕まくり等はしにくいと思います。
バタついても格好悪いのでここはしっかり締めた方が良いと思います。




胸元のジッパーは上まで上げると金属部分が隠れるようになっています。
芸が細かい・・・




続いてパンツです。2500円くらいでした。
型番は104-GRN32W/30Lです。




166cm、脚は短め、お腹は出っ張り気味、おでこ広め、趣味はサバゲー、好きな食べ物はラーメンの体格だと32W/30Wでちょうど良いくらいです。




社会の窓はジッパーです。
一刻一秒を争う場面では便利ポイント。
オープントップでは即お巡りさんです。




前側左右のベルト通し部分にはDリングが装備されています。
細目なので重たい物は難しいかも・・・
ベルト通しは太めのベルトもいけるくらい太いです。




そして左右のギャザー内にはゴムが入っているのでピッタリフィット!日によってウェストサイズがフレキシブルに変わるぽっちゃり系には嬉しい!




左右のポケット部分はジーンズの用な形状ではなくスーツのポケットのようになっています。
全体的にくの字になっているのでクリップ付きのライト等もピタっと決まります。




膝部分には裏のポケットからクッションが入ります。
クッションは付属していません



一度サバゲーで使ってみましたがコンバットシャツが故に動きやすいです。
コンバットシャツ、パンツとしての最低限の機能はあるので「安物でも取りあえず使ってみたい!」という人には良いんじゃないでしょうか?

色もタンとブラックがありました。




フジ  

Posted by アイギス at 08:43Comments(0)フジ装備・その他

2018年03月26日

MAGPUL CORE COVER ベースボールキャップ

物事には順序って物がある。フジです。


先日は一人でバトルさんに行ってきました。その時の記事は書いてあります。


因みにそのゲーム時にはいくつか新しい装備を導入しました。


その装備の第一弾はこちら。




MAGPUL CORE COVER ベースボールキャップです。




MAGPUL COREは有名人なMAGPULの子会社です。
親会社の製品を使ってトレーニングをする組織・・・らしいです。
詳しいことわかる方、教えてください。




中には所狭しとMAGPUL MAGPUL・・・


記事は完全なメッシュではないですが通気性に優れる素材を使っているみたいです。


また、このキャップにはサイズ調整用のベルトがありません。S/MとL/XLがあるそうです。
キャップの周囲に伸縮性の素材(織りゴム?)が仕込んであり一定の力で締め付けて脱げないようにするそうです。
締め付けるといってもサイズさえ合えばキツくはないので自分にあったサイズを選びましょう。
以前からL/XLは見かけたのですが少し大きい・・・S/Mが入荷したとのことで購入に至りました。


このキャップの良いところは伸縮性があるが故にフレキシブルにサイズが変わるところです。
例えばフェイスガードを着けた上からキャップを被ることも簡単にできます。


価格も3400~3600円とお手ごろ価格できちんとしたブランド品が手に入るので見かけた際には一度手にとってみては如何でしょう?







フジ  

Posted by アイギス at 20:23Comments(0)フジ装備・その他

2018年03月25日

2018/3/24 バトル 土曜定例会

夏は暑すぎ、冬は寒すぎ、サバゲーマーにとってのベストシーズンは春秋でしょうか。フジです。因みに花粉症ではありません。


今回もこれまた柏井のバトルさんに遊びに行きました。この日は道が空いてて8分で着きました(0712出発、0720到着)
家から近いっていいですね。駅からもそんなに離れてないし。


今回参加したメンバーはこちら!




俺!総勢1名参陣!
いや、画像を間違えたぞ!正しくはこっちだ!




残念!人数はあまり変わらない!サバゲーに来て僕と握手!

久し振りのソロプレイです。でもチームを作る前はこんなんばっかだったなぁ・・・




もちろんセーフティーでもボッチ!私はコブラ部隊の「ザ・ボッチ」!(寂しい・・・寂しい・・・)

でも周りの席の人とお話はしました。同じ赤チームだったから話も弾みます。


因みにゲーム中の写真は・・・




スタート時のこの写真と・・・




この写真です。珍しくハンドガンを構えています。

それもそのはず、今回はゴーストリングサイトを初めて使ってみたのです。

感想は・・・「もっと早くから使ってればよかった・・・」の一言に尽きます。

でなければハンドガンで一日通算5人も倒せません(今までは皆無でした。マジで飾り)


因みに写真ではチェストリグを着けていますが大半のゲームはベルトのみで参加です。ベルトにもマガジンポーチを2個着けているので撃ちすぎなければ大丈夫でした。


最終的にはベレー帽も外していました・・・


今回のゲームで被っているキャップとウェアについてはまた後日紹介します。




フジ  

Posted by アイギス at 10:00Comments(0)フジサバゲーレビュー

2018年03月21日

ARES AMOEBA PRO M4-KM(その4)

パン屋さんのパンは美味い。皆さんも時々食べてみてはいかがでしょうか?フジです。


さて、少し前から改めて手を入れ始めたAMOEBA Proなのですが内部、外装のカスタムがひと段落したので紹介します。




前から紹介していきます。




アウターバレルの長さは一番短くしてサプレッサーをつけています。
インナーバレルは元の長さのままなのでサプレッサーの三分の一程度まで伸びています。
サプレッサーをつけている理由として減音化ももちろんですが最大の理由として「ハイダーの形状による気流の乱れ」を抑制することです。

様々な形状のハイダーがありますが、インナーバレルから飛び出した直後の弾に影響を及ぼします。
もちろん近距離ならあまり変化を受けませんが遠距離射撃になると影響を受けます。

インナーバレルから飛び出した直後の形状はだんだんと拡がっていく、所謂ラッパハイダーが良いとのことですが私の好みではない…

というわけでサプレッサーをつけたりロングアウターバレルにあえて短いインナーバレルをつけたりしています。

あと「サプレッサー」ってパーツと言葉自体、素敵やん?


フロントサイトは銃に付属していた樹脂製のものです。フリップアップします。


フォアグリップはBCMタイプのフォアグリップをKEYMODを介して装着しています。






光学機器はサイトロンのSD-30Xです。
ロングフード、ハニカムフィルター、レンズカバーを装着しています。


マウントリングはG&PのL字型マウントです。
青味掛かったグレーでアクセントになっています。


リアサイトはこれまた付属のフリップアップタイプ。
注目ポイントはダットサイトとレンズカバーをうまく回避しつつギリギリのところで低くつけています。


トリガーは付属のストレートタイプです。
内部的にはトリガーリーチを詰めたりしています。


マガジンキャッチはG&Pのアンビタイプです。
部屋に転がっていたのでつけました。


グリップはマグプルのMOEタイプです。BCMタイプのフォアグリップと同形状の模様が入っているため統一感を持たせました。




ストックはお気に入りのKRYTACのストックです。
スティック、ヌンチャクタイプはもとよりミニタイプのバッテリーまで入るのでお気に入りです。


ストックパイプはネジで固定するタイプではなく実銃やガスブローバックと同じくストックパイプを回転するものです。
ストックパイプを取るとQDメカボックス後方が見えるので初速の調整が簡単にできます。


ストックのガタですが調整を一切していないのにガタツキは皆無です。というよりかは伸縮がかなり固いです。


アリ溝に嵌ってネジで固定されているハンドガード、アッパーとロアーをネジで固定されているフレーム、動かしにくいストックも相まって剛性感はかなり高いです。


命中精度を高めたいならまずは歪まない剛性を手に入れることが重要なのです。
構え方によって変わってしまうようでは本末転倒です。


もし質問等ありましたらコメントをお願いします。







フジ  

2018年03月21日

2018/02/17 BATTLE 土曜定例会

残業!圧倒的残業っ!!ケンイチ・・・耐える・・・!!どうもケンイチです。過労死も夢じゃない!彡(^)(^)





平日は家と職場の往復で、気付けば前回のサバゲから1ヶ月。当ブログはフジの海外製電動ガン相談所と化しているような・・。





そんなわけで、先月の2月17日に参戦した千葉県花見川区にあるバトルさんの土曜定例会の様子をレビュー!






今回の参加者はケンイチ、モリシー、フジ。寒さもジョジョに和らいできましたが、じっとしていると寒いっすなぁ。

写真は下から見上げるように撮ってもらったので、足が長く見える。さすがスタッフさん、言わずとも短足なのをわかっていらっしゃる!!






鹵獲したトンプソンで戦う我らが日本歩兵のフジ。しかしこのトンプソン、大東亜戦争時代のレトロガンかと思いきや、実はハイテクガンだったのです。

1ゲームだけ貸してもらったのですが、いざ接敵。照準し引き金を引く。ダダダダダッ!・・・・と弾が出るはずが、出ない。セレクター、セーフティも間違ってない。なんだ・・・?

・・・!まさかID登録が必要なのか!?(バッテリー)ナノマシンなんて打ってないよぉ(バッテリー)。サバゲ業界にもメタルギアのような世界がきたのでしょうか!?(バッテリー)






バイオハザードORに出てきたベクターみたいなフードで怪しさ満点なモリシー。でもフードって防御力高いから何気にいいよね。耳とか直撃するとグリーンハーブ如きでは癒せないくらい痛い。






そんな素敵な笑顔のモリシーが、遠いところへ旅立ってしまいました。これからってときに・・・天国(愛知)から見守っててくれ。でも月1で千葉県に来て僕らと悪手!






なんとなく当日参加を決意し昼頃にやってきたケンイチ。来たままの格好でサバゲして、そのまま帰る。迷彩服を着ない利点はここにある。そう!荷物が減るしメンドイ着替えもしなくていい!

でもやっぱり迷彩服はカッコいい。サバゲーマーは浮気性だから仕方ナイネ♂





ストレスマッハな昨今ですが、趣味が億劫になりだしたらレッドゾーン手前くらい。サバゲに行って日常とオサラバしましょう!!





では、よいサバゲーライフを!!  

Posted by アイギス at 12:04Comments(0)ケンイチサバゲーレビュー

2018年03月18日

電動ハンドガンUSP用ハイブリッドゴーストリングサイト

景気が悪くなったわけじゃない。お金の使い道が変わっただけだ。フジです。


突然ですが私はハンドガン(エアソフトガン)の射撃が下手です。


初弾云々というレベルではなく連射してもなかなか当たりません。


電動ハンドガンでも当たらないのに反動のあるガスブロは以ての外・・・
やはり肩と右手と左手と頬で固定するアサルトライフルに準ずる物が素敵・・・


そこで狙い易さだけでも改善してみることにしました。


でもハンドガンにダットサイトを載せるのはあまり好きではない・・・
ホルスターにも入らない可能性がある・・・


しばらく探しているとミリブロで有名な大門団長様(一度か二度定例会にてサバゲーをご一緒させてもらったことがあります)が製作、販売している、電動ハンドガンUSP用のハイブリッドゴーストリングサイトを見つけました。


このパーツは実戦とは違うサバゲー重視のパーツとのことで評判も良いらしい・・・




というわけで買ってみました。
材質は3Dプリンターを使用した樹脂製とのことで表面がザラザラしています。
ただ決して精度が劣るわけではなくそこの所も計算して設計しているようです。




フロントサイトはグリーンの集光アクリル棒を使用しています。
そしてアクリル棒の奥には蓄光素材が埋め込んであるので光さえ溜めておけば暗闇でも光るらしい。
これってコロンブスの卵的発想ですよね。




リアサイトはリング形状になっています。
そして両端には蓄光素材が埋め込んであります。




取り付けてみました。
横から見たシルエットはサイトが少し大型化した感じです。




精度もかなり高い感じ。




狙い方としてリングの中央にフロントサイトのアクリルを持ってくる感じでしょうか・・・?
でも元のアイアンサイトよりも狙いやすいと思います。ライフルのピープサイトみたいな感じです。




ホルスターにも問題なく入ります!


サバゲーにはまだ未投入ですが部屋で構えた感じは「確かに狙い易そうかも」といった感じです。
次回のサバゲーで使ってみたいと思うのでまたレビューします。







フジ  

2018年03月17日

ARES AMOEBA PRO M4-KM(その3)

刑務所の飯は臭くない。フジです。


周りでは「花粉が飛んでる~」という話ばかりですが我が家は一人も花粉症の人がいないので完全に他人事です。
でもひどい人だと頭痛が伴ったりするようです。
いつ発症するかわからないのでビクビクしながらスヤスヤ寝ています。


突然ですが!G&G CM16 Raider 2.0という銃が気になりました!


電子制御の有無、色の違いで計4種類あるようですが黒の電子制御搭載のものが気になっています。しかも安い!


なんだかんだ買う気満々だったのですが部屋を見回してみると一つの銃が目に入りました。


ARES AMOEBA Pro M4 KM-7です。


ポテンシャルは高いので以前は主力で使っていたのですが直後にHK416DにTITANを積んだためお蔵入りになっていました・・・


電子制御、コンパクト・・・CM16と被るな・・・買う必要ないんじゃない?


ということでM4 KM再生計画のスタートです。


といっても内部的には完成している銃、主に外装関係(特にアウターバレル)になります。


この銃は非常に強度が高くまるで一つの金属の塊の如くになっています。




そのおかげでアッパーフレームは独自規格、さらにアウターバレルまで独自規格(基部が少し細い)です。


そのため長さを換えるには純正パーツを用意するしかない・・・そもそもM14正ネジなので若干拡張性に乏しい・・・というか純正パーツが売ってない・・・


以下フジの妄想・・・

またもや祖父さんが夢枕に立って・・・

「カスタムパーツ着けるだけなら三流、加工できて二流、一流はゼロから作れるレベル」

と言葉を残して去りました。

以上フジの妄想・・・


やってやるぜ!




やりました(嘔吐)


長さ調整ができる新品のアウターバレルを用意して元のアウターバレルと同じ細さになるまで削りました。
どこかに頼んで旋盤でズババッとも考えましたがあてもないので金ヤスリ一本です。
銀色の部分が削った後です。




元のアウターバレルと比べてみました。削った方のアウターバレルには若干のエクステンションアウターバレルが着いています。

元のバレルには正→逆変換パーツが着いていますが取り外すと同じ長さになります。
大体8インチくらいだと思います。




更にエクステンションアウターバレルを組み合わせてみました。これもかっこいいですね。




一番短い状態でサプレッサーを着けてみました。まるでハニーバジャーですね。




元のアウターバレルと同サイズにサプレッサーを着けてみました。前後のバランスが一番取れている気がします。




エクステンションアウターバレルだけです。16インチくらいに延ばせば実銃のマッチで使われるような構成になります。



因みにストックはクライタックのミニバッテリーやヌンチャクバッテリーが入るタイプ、ダットサイトはシアストーンの廃盤品です。



レンズガードがダサいので一体化してる奴が欲しいな・・・


「ここもうちょい教えて!」等ありましたら遠慮なくコメントください。





フジ  

2018年03月03日

CYMA CM077A BK AK Zhukov S-stock(その3)

もうすぐ春ですね(だみ声)フジです。


今日も今日とてAK Zhukovです。


○初速
チャンバーを交換して0.25gでノンホップ80m/sとなりました。
ここでやめとけば良いのに「もう少しだけ上げたい!」と思ってしまったのが運の尽き。
分解組立を繰り返すこと30回以上!
SHS、ZC Leonard、Airsoft97、フェニックス等のスプリング、GAWのスプリングスペーサーを根こそぎ使いました。
結果的に以前MASADAから取り外したスプリング、スプリングスペーサー無しで86m/sとなりました。


○連射速度
連射速度は15RPSくらいいってるんじゃないかなと。モーターをINAZUMAモーターに換えているのでノーマルよりかは速いはずです。


○弾道
まだシューティングレンジに行けてませんので不明・・・悪くないことを願いたい!


○外装
今回のコンセプトは「マグプル尽くし!」ということでマグプルパーツで固めていきたいと思います。




マグプル D-60タイプのドラムマガジンです。
付属のマガジンもAK用P-MAGなのですが面白そうだったので買ってみました。




動力は電動かと思いきやワイヤーでゼンマイを巻き上げる通称「フラッシュマガジンタイプ」でした。
動力必要ないし重くならないので良いですね。大体3~4回引っ張ると巻き上がります。




このマガジンは上部のリップ部分を交換することでARやステアーAUGに着けることが可能です。
困ったことにオプションのリップパーツを見たことありません・・・




スリングスイベルはM-LOK対応品(レプリカ)にしました。
がっちり装着できますが付属のネジの精度が悪かったので工具箱に転がっていた適当なネジで留めています。
スリングはもちろんMS3タイプ(レプリカ)です。




後部のスリングはグリップとフレームの間に挟むタイプにしました。
ストック部分に依存しないので強度もばっちりです。
因みにこのスリングスイベルもCYMA製です。




フォアグリップは今まで20mmレールアダプターを介して着けていましたが折角のM-LOKなので対応品を買いました。
MVGタイプのフォアグリップ(レプリカ)です。
これもがっちり着いています。
括れているので持ちやすいです。括れは偉大です。


そしてせっかくのドラムマガジン。軽機関銃のようなサポート武器として使いたいですよね。
そしてサポート武器に必要なパーツがこちら!




バイポッドです。それも89式のバイポッドです。
なんとこれ、AKのバレルにぴったりなのです!




でもそのままでは折り畳めないのでハンドガード前部分を削ります。
まだ表面が荒いですがこの後紙ヤスリで仕上げます。




折り畳めました。専用品のようで気持ちいいです。
でも重たいのでゲーム中は取り外していると思います。




全体図です。撮影のためスリングは外しています。
元々はAKMですがかなり近未来的なスタイルになっています。




バイポッドを展開してみました。このスタイルもカッコいいですね。バイポッドは正義!


もしご質問等ありましたら遠慮なくコメントください。






フジ  

Posted by アイギス at 19:06Comments(0)フジ技術・カスタムCYMA 電動 CM077A